パーティーではアレキサンダー マックイーンのドレスで、そしてジョンガルリアーノのジャケット。



パーティーではアレキサンダー マックイーンのドレスで、そしてジョンガルリアーノのジャケット。_f0380954_11541391.jpeg
写真上はガリアーノの手掛けたデイオール
下はデイオールに移る前に最後のガリアーノブランドで出したジャケット
パーティーではアレキサンダー マックイーンのドレスで、そしてジョンガルリアーノのジャケット。_f0380954_21073826.jpeg
ガリアーノはもうすっかりこの時デイオールを意識していた事がわかります。
テクニックやフォルムは完全なるデイオール
サイズが変わってしまいボタンがキツイけれど
タイムレスなデザインなので未だに大切にしています。
とも生地のビスチェドレスが一緒でスーツになっていますが
これを買った時は小さく直したくらいなのでもう到底無理。
裏地がシルクでとても暖かいスーツなのです。
去年友人とバレエを鑑賞する時には
襟の部分に黒の大きめののフォックスのカラーを付けて。

パーティーではアレキサンダー マックイーンのドレスで、そしてジョンガルリアーノのジャケット。_f0380954_21061351.jpeg
パーティーではアレキサンダー マックイーンのドレスで、そしてジョンガルリアーノのジャケット。_f0380954_21052028.jpeg
昨夜レセプションがあったので久し振りに着用した
アレキサンダーマックイーン存命時代の薄手ウールとシルクの二重のワンピース。
正面では何でもない黒のワンピースですが
脇の下から裾までスリットが入っています。
裏側部分がシルクで二重になっていて実際のスリットは膝と腿の中間くらいから
パーティーではアレキサンダー マックイーンのドレスで、そしてジョンガルリアーノのジャケット。_f0380954_21005895.jpeg
脇に4つのボタンで辛うじて見頃を繋いでいる
パーティーではアレキサンダー マックイーンのドレスで、そしてジョンガルリアーノのジャケット。_f0380954_21041766.jpeg
パーティーではアレキサンダー マックイーンのドレスで、そしてジョンガルリアーノのジャケット。_f0380954_21015786.jpeg
昨日の夫……このドレス着るの久し振りだね。
私……そう、着れなかったから……。
夫……どうして?
私……私が大きくなったからよ。
夫……グワハッハ(大笑い)、少し食べる量を減らしたら?
お陰様で再び着れるようになりました。でも、もう少しかな?
ストンとしているけれどボタンの位置の腰の部分は
ジャストサイズでシルエットが微妙です。

パーティーではアレキサンダー マックイーンのドレスで、そしてジョンガルリアーノのジャケット。_f0380954_21032137.jpeg
靴はシンプルにシャネルのツートンで合わせました。
パーティーではアレキサンダー マックイーンのドレスで、そしてジョンガルリアーノのジャケット。_f0380954_22040758.jpeg


Commented by queentomo at 2017-12-08 23:08
どちらも素敵です。
モードでエレガント、Diaryさんのセンスがうかがえます。
今度はコメント送れますように。
Commented by uransuzu at 2017-12-09 07:38
やはり、良いものは、時を経ても良いですね。素敵です、着画を見たいです。
ご主人様との会話も楽しい^^
Commented by Diary-17 at 2017-12-10 00:06
> queentomoさん
コメントありがとうございます。
何時も素敵な本物のマダムにそう言って頂けてとても嬉しいです。
Commented by Diary-17 at 2017-12-10 00:29
> uransuzuさん
コメントありがとうございます。
好きなスタイルが大体決まっていて、大切に扱うので物持ちが良いのです。

主人は知り合った頃から体型変わらず、私は…知り合った頃はとても痩せていたので、もう少し肉をつけた方が良いと言われていましたが、現在はもう少し痩せた方がいいと言われています。
Commented by rumicommon at 2022-07-02 01:02
ガリアーノのディオールはまさに、50〜60年代のディオールを下敷きに、彼本来が持つ鬼才的エスプリをふりかけディオールでありながらガリアーノが見え隠れする素晴らしい時代でしたね。
でも、天才にとって伝統的なメゾンでのティームワークは苦しかったのかもしれないなと思います。

それにしてもガリアーノのこのジャケット!
残念ながら彼はニューヨークでは当時デパートでしか手に入らなかったのでこのような素晴らしいジャケットを見る機会すらありませんでした。
出会っていたらわたしもきっと自分のものにしたでしょう。

そしてワンピースは実は10年ほど前に買ったティエリーミュグレーのカクテルにそっくりです。
襟に切り替えはありませんし、脇の切れ込みから見えるのは白ではなくショッキングピンクの生地ですけれど。
こういう服をまた着るチャンスはわたしにはもうないかもしれないなぁ。

Diaryさんはしまっておかないでバンバンお召しになってください!
いつも過去記事に失礼します。
Commented by Diary-17 at 2022-07-04 18:37
> rumicommonさん
コメントありがとうございます😊
もう随分前の服で、乳母車を押してブティックに入っていったんですよ。
意外にタイムレスなデザインで素材がとても良いので大事にしています。
と言っても、数年に一度着るくらいですが⋯。対で同素材のビスチェドレスは私のサイズが変わってしまい残念ながら着れなくなりました。笑
ミュグレーは10年前まで服を作っていたのですね。もう随分前に辞めてしまったと思い込んでいました。彼の才能も素晴らしかったですね。
マックイーンのドレスは切替部分が白では無くて薄い生成色に細い黒の点線が入っています。
一見シンプルですが細かい部分のディーテイルがとても気に入っています。
ルミさんとのファッション談義、とても楽しいです。
いつも有り難う御座います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by Diary-17 | 2017-12-08 22:06 | | Comments(6)

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31