お正月はジャパネスクで

f0380954_09224199.jpeg

お正月にだけ登場するのは黒漆に金蒔絵の雑煮椀
我が家のお雑煮は関東式
たっぷり頂きたいので直径13cm
外側は質素に黒
蓋をあけると
眩しい程の金の兎が
元気に金の波間を超えて
飛び出して来る

日本の漆の技術と質は世界一だと思う
軽くて頑丈そして美しい手仕事
特に金蒔絵
国産の本漆も貴重な昨今
金蒔絵に必要な毛筆を作るための動物の毛が手に入らないそう
昔から重宝されていたのは琵琶湖付近だけに存在する
鼠の体毛
しかし工業化で汚染が進み付近に生息していた動物達は
もう殆ど生きていないと言う
そして伝統工芸であるにもかかわらず、
腕の立つ絵師が育っていないのは
需要が落ちている事

昔の様に自由で伸び伸びそして生き生きした作風の蒔絵は
最近の物には見渡らない
殆どが模写に頼っている事
簡略化された図柄が目につく昨今


この二つの椀は骨董店で見つけた
生憎、写真では分かり難いが金をタップリ使っていて
膨らみがある
特に兎が自由に海原を跳ねている絵が気に入っている
f0380954_18320176.jpeg


別の椀は大根を齧る鼠達
f0380954_17465626.jpeg
金が眩しい琳派の小鉢は
深川製磁社製
お料理が乗っている間は只の金の角の小鉢だが
食べ終わると
小鉢の底の琳派の絵が現れる遊びが好き
純白の洋食器と合わせてテーブルコーディネートも中々面白い

深めの鉢の底に絵付けすことは簡単ではない。
f0380954_06240275.jpeg
f0380954_06252300.jpeg
f0380954_06262503.jpeg
f0380954_06271986.jpeg
f0380954_06293696.jpeg
我家は完全なる和洋折衷だ
食器類や漆器類、日本製以外のアジア産が存在しないのは
自分のルーツを大切にしたいから
日本文化は何処のアジアと比べても品質に優れ美しいから
徹底して日本に拘る。
そして、その事を最も理解してくれているのは主人であり、この様な環境下で育った子供達でもあります。





[PR]
by Diary-17 | 2018-01-03 08:25 | お正月

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17