アフリカン ドリーム

f0380954_04163025.jpeg

一言にアフリカ と言ってもアフリカ大陸はとても大きく人種や宗教、文化等多々分かれている。
エジプト、アルジェリア、モロッコ、チュニジア、リビアなど北アフリカはアラビア語圏。南や中央アフリカとは全く違う文化だ。
最もアジア人に近く先祖はマレー半島からと言われているインド洋に浮かぶ世界第四番目に大きな島マダガスカルもアフリカ連合のメンバー国だ。

長い間白人社会で人種差別が激しくアパルトヘイトが問題だった南アフリカはネルソンマンデラが政権を取り、平等な社会を築く事を理想としたが、彼の亡き後も政治の腐敗は酷くなる一方。

オイル産油国であるナイジェリアは過去のヨーロッパのある国々の植民地合戦の結果別々の民族にも関わらず不本意にも無理矢理一つの国に纏められそれも原因して紛争は今だに続いている。

伝染病やHIV、テロ…と問題も多く、豊かな資源があるにも関わらず、全体的には開発途上国と言われる国が多いアフリカ大陸。
それでも海外からは相変わらず熱い視線が向けられている。
軍事的、産業、輸出入、工業、農業、豊かな陸海の資源etc全てが先進国にとって魅力的なのだ。

アフリカ大陸のうんちくはこれぐらいにして、
今日は病気上がりで活を入れる為
スパイスの効いたものを食べる事にした。
ドロ ワット
エチオピアの国民的食事。
f0380954_04220683.jpeg
チキンと玉子の煮込み料理でかなりスパイシー。
本来ならば
インジャラと言うテフという穀物の粉を発酵させて作ったパンケーキと共に頂きたいところだがテフは手間がかかるので
今日は日本のご飯と一緒に。
エチオピア料理はこれしか知らない。
20年以上前に中東にいた事があり、お手伝いさんが働き者のエチオピア人だった。
「あなたの国のお料理を食べてみたい」と言ったら喜んで作ってくれた。

以来、ドロワットは我が家のメニューの一つに入っている。
鶏肉や卵は高級品、このお料理は特別な日に出される料理だそう。
鶏1羽丸ごと捌くが、決まりがあって正しく捌けなければ嫁の貰い手が無いと言って笑っていたことを懐かしく思い出す。

「マダム、いつか私の家に来て下さい。エチオピアのコーヒーのセレモニーにお呼びしたいんです」と言ってくれていたが諸事情で行かなかった事が今でも後悔の念。
炭の置き方、火の起こし方からコーヒー豆のロースト、水は井戸からと作法があるらしい所等はまるで、茶の湯にも共通するところがあるように思った。
f0380954_04430961.jpeg


20年以上にわたる戦争でエチオピアの国民は貧困と飢餓に苦しんだ。
しかし、最近では少しずつ変わってきている。
真面目で働き者、長い戦争にも耐えたタフな性格と王国があったというプライド。
そして、キリスト教徒としてはヨーロッパよりも古い歴史を持つ文化と国民性なのか近頃の発展は他国と比べてめざましいものがある。
これからの将来の発展を更に期待したい国だ。

いつかチャンスがあればアデイスアベバの何処かで本場のドロワットをもう一度味わってみたいと夢みている。






[PR]
by Diary-17 | 2018-01-26 04:54 | アフリカ

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17