美しいマイセンの皿

f0380954_12173949.jpeg
(個人所持)

日本が誇る陶磁器の柿右衛門が姉妹と呼ぶマイセン磁器の製品も全て手描き。
人件費の高いドイツ製、人件費だけでは無く消費税も高くて20%だ。
でもそれが理由で値段が高いだけではない。
美術校出身の絵描きさん達を更にマイセン独特の技法を指導し雇用している。
花だけの絵師、昆虫だけの絵師、鳥専門の絵師、動物の絵師、縁取り専門の絵師という様に其々の専門絵師によって1つの製品が出来上がる。
f0380954_13050246.jpeg
f0380954_13061304.jpeg

f0380954_13114637.jpeg


(上3点写真はマイセン資料より)

以前、絵師でマイスターの方から伺ったのは、暇を見つけては自然界に出てスケッチをしていると言う。スケッチは大切だと。鳥専門の絵師の机には実物の鳥の羽がいくつも置いてあって、羽付きの手羽も有った。ちょっとギョッとしたが良い絵を描くとはこ!ういう事。決して本や写真のコピーでは無く実際のものに触る事が大切なのだ。
f0380954_13171034.jpeg
f0380954_13272311.jpeg

(写真は資料より)

絵の技術だけで無く、釉薬の仕上げも美しい。
そして、磁器自体がとても堅い。日本の磁器よりもずっと強いと思う。
息子が小学校の頃、息子のやんちゃな友達が遊びに来た時、テーブルの周りを走って
テーブルに体当たり、置いてあったグラス瓶が倒れてマイセンの皿の上に落ちたのだ。ヒヤリとしたが、一番欠けやすい縁取りの部分でさえもビクともせず、胸を撫で下ろした事があった。

あなたにもしマイセンに出逢う機会があったら、先ず手に取って見て欲しいと思う。
何か心に響く物を感じたらあなただけの物にして欲しい。これはマイセンだけに拘らずとも身の回りの物全てにおいて言い換える事が出来る。
真の良いものに触れてみると、自分のライフスタイルの方向が見えてくる。



[PR]
by Diary-17 | 2018-02-01 13:30 | マイセン

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17