銀器に添えるリネン

昨日に続き誂えたリネン食卓編です。
日常時はかなりカジュアルでいい加減な我が家の食卓。

来客の時はテーブルクロスもナプキンも白。
使うプレートも白に銀製のアンダープレート。この銀のプレートに傷が付かぬ様にする為に直接磁器のプレートを置かず、その間にリネン又はレース編みの傷避けの役割を果たすセッテイングをします。
f0380954_15575607.jpeg

丁度お皿の裏側の脚の部分が銀器に当たらなければ良いので、直径12cm以内の円形のリネン。

(下の写真はオードブル等を乗せる皿用)
f0380954_15503505.jpeg
KPM では不思議とこんな小物は扱っていないので作ることにした。

リネン生地を見付けておばあさんが経営している小さな刺繍屋さんに行って聞いてみたら、作ってくれると言うので見本の柄と糸を持参して誂えた。
f0380954_15444569.jpeg

KPMのクアランドの食器なので絵柄もクアランドが使うブーケで
縁取りも食器と同じに。
色はやはり白。アクセントに中心の花の中央部に少しだけ銀色を入れたけれど、白一色の方が良かったと出来上がってから少々後悔。
f0380954_15452329.jpeg

高齢のせいか、やはり細か過ぎる仕事は彼女には難しかったかもしれない。
ちょっと歪だったりする物もあったが、注文した時にとても喜んでくれていたので細かい部分は良しとする。
f0380954_15472219.jpeg

食事のコースが変わる時に皿を取り替える
その都度目前に現れる白いブーケのリネン。
本来、完全なる裏方リネンで銀器の傷避け目的だけれど
どうせならやっぱり此れにも拘りたい。

後書き……どうした事やら一枚足りない。一枚二枚……アレ?佐賀のお菊さ〜ん我が家も一枚足りませ〜ん。笑

[PR]
by Diary-17 | 2018-02-06 16:15 | テーブルコーディネート

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17