捨てられないもの



断捨離してスッキリ暮らす事がここ数年の間ブームの様ですが、
皆さんどうしても捨てられないものって有りませんか?
その様な物があるとしたなら、それは大抵は他人から見たら価値が無いけれど個人的に深い思い出が有る物では無いでしょうか?

私には思い出が全く無いけれどどうしても捨てられないものがあります。

随分前の事、何かの記念に頂いた陶磁器製のトロフィー。
我が家には全く合わない色合い、形
初めて見た時は夫と2人でギョッとした。凄ーく趣味が悪いと思った。
f0380954_12521495.jpeg
何処に飾っても我が家のインテリアには合わないのでどうしたものかと思って暫く床の上に放っておいた。

ある日、焼き物好きの友人が尋ねて来て開口一番言ったのが、「うわぁ〜!こんな凄い物ダイアリーさんのお宅では無造作に床の上に置いちゃってる!倒れたら凄く残念じゃ無いですか?」彼女曰く一つ一つ花弁を作りそっと付けて花にする、そして色付け、特に窯で焼く時に花弁が一つでも損傷したら全てが終わりだという。
とても大変な作業で作られているそう。
大変な物をいただいた訳だ。
そんな事を聞いて以来、手放せなくなり以前にも増して持て余して気味。
背丈があるので何処かに蔵うにも厄介で現在も無造作にサイドボードに置かれている。
屏風やら火鉢が大切にされている我が家どう考えても調和は無いと思う
f0380954_12551493.jpg
場違いな家に送られた可哀想な飾り物
いつか我が家で日の目を浴びる時が来るのだろうか?

[PR]
Commented by bondgirl333 at 2018-03-06 13:41
こんにちは^_^
昭和一桁の親に育てられた私。
何でも取り置きしている親には反発しつつ、大事なものや必要なものは大切に保存するのは良いかと。趣味が相違する贅沢品はどうしたら?と逡巡しますね^_^
Commented by queentomo at 2018-03-06 21:25
マイセンだったらきっと何百万しますよねー。素人目にも高価なものだと思います。
全て洋風のスペースに置きたいですね。

古伊万里の横に置くと、、、天神さんや弘法さんの市を思い浮かべますね。←ごめん。
我が家の安普請でも置くところに悩みますね。でもきっと高価なので捨てられずおしいれにしまってしまいそうです。私は趣味じゃないものや、バランスが気に入らないとすごくストレスなのです。

うちにも頂いた浮世絵があり、ボロい町屋のゲストハウスにかけてましたが(それなりに収まりが良かったのです)でも息子たちが住んできっと、押入れにしまったか捨てたのではないかと思います笑。
Commented by bluerose-lace at 2018-03-06 22:51
こんばんは^^*
トロフィーの細かい手仕事に釘づけです。
美しいです!
確かに和風のインテリアといっしょに置くと目立ちすぎますね。

上部は蓋になっているのでしょうか。
壺に蓋が付いているように見えますが。
香炉っぽくも見えます。
単なる置物とは思えないです。
ああ、何でも鑑定団の観すぎかも(笑)
Commented by gallery-asaba at 2018-03-07 00:45
こんばんは
これは捨てられないですよね!
とても手の込んだ焼き物、お好きな方には大切な物になるのでしょうけれど。

私も新居のマンションに移った時にいただいた合わない物は、
一定期間置いてからお好きな方に貰って頂きました。

Diaryさんのお気持ち、よーくわかる気がします。

染付の火鉢、素敵ですね〜!
Commented by Diary-17 at 2018-03-07 01:21
> queentomoさん
マイセンだったら趣味で無くても趣味にしてしまうかも。
あゝ勿体無いという気持ちを変えない限り現在の天神さん状態が続きそうです。
Commented by Diary-17 at 2018-03-07 01:38
> bondgirl333さん
順番を間違えました。ごめんなさい🙇‍♀️

私の母もそうでした。それで娘の私も買い溜め得意です。笑

趣味では無いけれど気の遠くなる様な工程で作られていると知って躊躇する自分の情け無さ。
Commented by Diary-17 at 2018-03-07 02:09
> bluerose-laceさん
コメントありがとうございます。
上の部分は蓋の様になっています。
何となくトロフィーの様に見えるのです。

何でも鑑定団って未だ続いているのですか?息子の大好きな番組でした。
Commented by Diary-17 at 2018-03-07 02:49
> gallery-asabaさん
そうなんです。気の遠くなる様な工程で製作されていると聞いて考えてしまいました。

でも、火鉢と相いませんよねー。
Commented by liligohan at 2018-03-07 10:31
全長10〜15センチだったら
とっても可愛いいのに…
すごく大きそうですね。
あるいは、大きなままでも
てっぺんのモシャモシャがなければ、だいぶスッキリするのに…
って、作り手さんにすごく失礼な余計なお世話☆
Commented by Diary-17 at 2018-03-07 11:55
> liligohanさん
凄く大きいんです!
結局バランスが悪いのだと思います。
Commented by bluerose-lace at 2018-03-07 18:55
こんばんは。
何でも鑑定団は長寿番組で、再放送もあります。
お宝が尽きることはないのでしょうね。
息子さんもお好きなんですね。
画面を通してではありますが本物が観られますし解説もありますので楽しんでいます。
Commented by Diary-17 at 2018-03-09 06:02
> bluerose-laceさん
何でも鑑定団…私が知っているのは司会が島田紳助でした。その後石坂浩二だったかしら?
面白い番組でしたが、一般の方が持ってこられたお宝を鑑定して予想より大幅に安ものだったり、思いがけない高価な物だったりあの部分が息子には受けていました(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Diary-17 | 2018-03-06 13:01 | | Comments(12)

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17