モーリシャスの国鳥ドードー…そしてお泊まり保育から戻ったNailah



ドードーというモーリシャスのシンボルである鳥は現在では絶滅しています。
発見後おおよそ180年も経たずに絶滅しました。
この事から、固有種を絶滅に追い込む人間の非業さを訴えるシンボルでもありモーリシャスの国鳥そして国章にもなっています。

f0380954_15014796.jpeg
はじめにポルトガル人に発見されて以来、
オランダ人とフランス人が移り住み、後にイギリス領となり大掛かりなサトウキビの産業で島が変化していったインド洋に浮かぶ孤島は現在のモーリシャス共和国。
過去、そこにはのろくてとても大きな鳥
ドードーが生息していました。
人を見ても恐れず、飛ぶことも出来なかったので簡単に捕獲されて食糧にされたそうです。(美味しくは無かったらしいが)
侵略者達が持ち込んだイヌやネズミやブタなどが
地上の巣からタマゴを捕って食べてしまった事も原因の一つだそうで
飛べない鳥であるドードーは、ほかのどの島にも逃げる事は出来なかった。
人間達が島に侵入する迄は天敵がいなかった為、飛ぶ事も必要なくなり、翼が退化して小さくなりました。
地上に巣を作っても襲われることも無かったので、
のんびりと暮らしていたドードーの悲劇がここにありました。

一度失った物はもう2度と戻ることは無いというこの国の教訓は地球上の全てに当てはまると思います。

さて、今ではかけがえの無い存在となった我が家のNailah。
f0380954_15273979.jpeg
たったの5日で身体は成長して、益々パワーアップ。
f0380954_15332752.jpeg
(身体は大きいけれど未だ乳歯なのです。)

お泊り先の家族には、たいそう可愛がられ11歳になるお嬢ちゃんは私達が迎えに行った時はチョット不機嫌気味、
後で彼女の母親から聞いたのは
Nailahが恋しくて寂しくて泣いたそう……。

老犬テリアのブリーおじさんには嫌われていたそうで、
ブリーは部屋に引き篭もって接触を避けていたらしいです。
Nailahとしては遊びたかったらしいけれど、こちらの家族も一体何が問題なのか理解出来ないと言っていました。笑
Nailahは甘えてこの家族とベッドで一緒に寝ていたらしい。

(さっき迄走り回っていたかと思うとバタンと横になり直ちにスヤスヤ寝てしまいます)
f0380954_15395247.jpeg

[PR]
by Diary-17 | 2018-03-17 15:43 | 旅行

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17