妻の役目



2日前にご招待を受けてお目にかかった方々と他分野のお客様もお呼びして昨晩は
拙宅にて総勢60人程のレセプション。

一年程前から訪問予定が決まっていたのです。

こういう場合はホテルから専門家にお料理、飾りもサービスと所謂ケータリングをお願いします。

今回、私がしたのは玄関とサロンに飾るお花の世話だけ。
お陰で午前中に余裕で美容院に行き毛染めとヘッドマッサージをして、先週したネイルのお直しも出来てちょっと良い気分。

しかし、おっちょこちょいは相変わらず!
日にちを1日間違えて薔薇の花を1日早く大量に買ってしまった。ホテルに出向いて彼是メニューの打ち合わせをした時も「それでは明日よろしくお願いします。」などと
言ってしまったが、ホテルは礼儀正しく私の間違いに気がついても正そうとせず
「はい、かしこまりました。」と返事を返してくれていたようだ。恥かし~。

間違えて早く調達してしまった花は地下室の冷蔵庫で1日眠ってもらう事に。
水に挿したまま新聞紙などで全体を覆って置きます。

グラジオラスを挿して見たり、外してみたり……。
f0380954_15305643.jpeg

しかし、当日になって花器に生け直すと、急にまるで深い眠りから覚めた様に一斉に
花が開いてしまいます。
f0380954_15264860.jpeg
玄関口の花は誰もがじっと見つめるものでは無いので、少しばかり大袈裟になっても
良しとします。これは一般家庭のそれとは異なる花の演出効果が必要なのです。
f0380954_15245569.jpeg
f0380954_15295016.jpeg
男性が多い集まりなので強い赤を多目に。
f0380954_15323728.jpeg

夫と個人的に話があった客人一名は会の後に残って
結局は夜12時に帰られました。

色々な分野で活躍されていて専門知識も有り、
人種や文化の違う人達と会う事は自分の世界が広がるようで本当に楽しい。



f0380954_15343670.jpeg
ところで、レセプションの始まりには大抵夫がご挨拶をします。
夫のスピーチはフリースピーチなのですが、時々、スピーチが長いと私が判断したら
夫に真正面で誰にも気がつかれぬ様に聴衆の一番後ろに立ち、じっと見つめて夫の目線が私に向いた時に無言の
合図を送ります。「そろそろ止めー!」これも、ひとつの妻の役目です。

庭のバーを使ったので庭に出る為寒かったのでリトルブラックドレスにツイードのキラキラ入りのジャケットにしました。
f0380954_16193785.jpg




[PR]
トラックバックURL : https://jetsons.exblog.jp/tb/29810565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by koro49 at 2018-05-27 14:17
ダイアリーさん、ご苦労さまです。
お二人の阿吽の呼吸で、パーティーが進行するのですね。
花への心配り、男性が多いから強めの赤をって、そうなんですね。
グラジオラスをこんな風に飾るの、素敵です!!
Commented by Diary-17 at 2018-05-27 16:13
> koro49さん
コメントありがとうございます。
どちらかと言うとこういう時は私がゼネラルマネージャー役です。笑

グラジオラスは真っ直ぐ伸びていてアレンジが難しく、正直なところ苦手なお花です。
褒めて頂けて嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by Diary-17 | 2018-05-25 16:27 | Trackback | Comments(2)

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17