Speak out !




お独り様の昨日は友人マダム達をお招きしてレディースランチ。
世相について珍しく熱く話し合い、
1時から6時過ぎまで沢山話しました。
政治の世界は複雑だけど私達にも思う事が有るのです。
f0380954_06540575.jpeg
f0380954_06545472.jpeg
夫が夜遅くに帰宅し、明日の早朝再び仕事で飛ぶそうな…。

ひと時、一緒にテレビでBBCニュースを見ていたら日本の捕鯨船が300頭の妊娠している鯨を食料目的に捕獲したと言う。捕鯨の建前は鯨の生態調査?
そして回転寿しの映像を見せていた。
私の驚いた様子に夫が一言.....これでは、日本がやっている事は まるで中国人と同じだ。何でも根刮ぎ取って行く中国を非難できない。こんな行為を許していたら近い将来地球上から鯨は姿を消すだろう。
f0380954_07235250.jpg
私は夫に返す言葉が無かった。






Commented by taekamede at 2018-05-31 08:57
素敵なテーブルセッティングげすね。ホテルのダイニングのようです(⋈◍>◡<◍)。✧♡
ブーゲンビリアをこんな風にダイナミックに飾るのも豪華ですね!

クジラのお話、ご主人が仰るのもごもっともだと思います。日本に住んでいると、海外からどのように見られているのかを個人で意識しずらいですよね。これだけインターネットの普及で動画がタイムリーで流されてしまうのだから、世界での常識を意識せざるえなくなってくるのでしょうね~~。
Commented by cenepaseri at 2018-05-31 09:44
本当に嘆かわしい事だと思います。
日本のニュースでは新聞に何頭とるかが書かれていただけです。調査捕鯨と言いながら、
お給料の他にお肉も配られるとか、伝統だからという言い訳はもうやめて欲しいです。
日本国民、全員で投票したら、クジラもイルカもきっと禁止になると思いますよ。
Commented by queentomo at 2018-05-31 11:13
なんということ‼️💢妊娠中のクジラ⁉️
若い子たちはクジラ食べた事がないと思います。(うちの子たちも)。私は給食で出てたので知ってますが、嫌いだった。イルカは食べた事がありません。誰が食べるの?と思いますが、、、、。
そんなニュース流れてないような気がします。←TVみてないのでなんともいえませんが。
回転寿司も庶民にはありがたいことだけど、、、。←滅多にお寿司屋さんには行かないのだけどね。
魚屋さんでたくさん並んでいるので、マグロの消費量は多いような気がします。うちは近海魚が主。
Commented by uransuzu at 2018-05-31 12:14
え〜〜!そんなニュース知らなかった。
もう、クジラ肉を食べる人なんて、ほとんどいないものと思ってました。
腹が立って恥ずかしいです。
Commented by bluerose-lace at 2018-05-31 14:56
テーブルセッティング素敵ですね。
お話が進む距離感ですね。

捕鯨基地の下関で育ちましたので、今や鯨は懐かしいものとなってしまいました。
イヌイットは捕鯨を許されていますし、捕鯨をしているノルウェーに対しては何も云わず、日本を批判(攻撃)しています。
鯨を獲るのは動物保護の観点から禁止と主張していますが、ほんとうのところは日本人がクジラを食べるようになると肉の輸入が減ることとなり、輸出国に打撃を与えてしまうからではないかと思わずにはいられません。
今回は調査捕鯨ではなく商業捕鯨だそうですが、獲りつくすわけではないのです。
とはいえ300頭は確かに多いですね。
日本人は鯨を絶滅させると思われているのでしょうね。
捕鯨禁止の期間が長かったため増えすぎた種類もあり、その多くは魚を大量に食べますので、漁獲量が減少しているのは鯨にも原因があるのではないかと聞きましたし、このまま鯨が増え続けると海の生態系が変わると心配している方もいらっしゃいます。
捕鯨は様々な観点から考えなければならない問題ではないでしょうか。

Commented by Grace-K52 at 2018-05-31 19:22
私も↑の方と同様に思います。
江戸時代から捕鯨は日本における重要な沿岸漁業であり、
全部位を余すことなく使いました。←アメリカは鯨油、コルセットの骨だけに捕獲していた。
戦後の物のない時代は、鯨は日本人にとっても重要な動物性蛋白源でした。
日本では江戸時代には牛肉を食しませんでしたが、国によって異なる文化や生活習慣があります。
捕鯨=恥ずべき習慣とするのは、短絡的に思います。

因みに回転ずしに鯨があるとは初めて聞きました。

Commented by a_dopo at 2018-05-31 19:35
初めまして。いつも別世界のような日常にうっとりさせていただいてます。
捕鯨に関しては、以前はニュースなどの印象をそのまま何も考えず受け取っていたのですが、映画ビハインド・ザ・コーブを観て、それが全く違うことが分かり大変ショックでした。
地上波だから、海外の報道だから、事実を流している訳では無いというのがはっきり見えてきている昨今。
情緒に訴えかけるニュースというものは、特に色々な面から見なければ…と痛感しています。
ともあれ素敵な世界と、自分の頭で考えてコメントさせていただけるブログ、両方楽しみにしております!
Commented by hokkorimayurin at 2018-05-31 20:13
こんにちは。
捕鯨の問題。
ブログを読んで、真剣に考えてしまったのは初めてです。
いろんな国の人、文化の人、考えの人と
意見を交わして考えるのは大切だなぁと
思いました。
私は和歌山県出身なので、特にこの問題については考えてしまった。
diaryさんのブログを読むまでそんなニュース知らなかったですもの。
捕鯨したうち、妊娠していた鯨が133頭もいたなんて。
それも、そんなニュースが、日本では取り上げられていないのに、
海外では大きく取り扱われているんだなと。

考えるきっかけをくれてありがとうございます。
Commented by Azuki at 2018-06-01 17:44 x
はじめましてです。素敵なファッションをいつも楽しみに拝見しています。

クジラの生態について一言。記者をしていたとき、「クジラの年齢は、年輪のようになっている耳垢でわかる」という話を専門家生にうかがいに静岡県の国立の研究所に行きました。そのときに、クジラは(もちろん種類にもよるのですが)寿命が長く、しかもメスは90歳くらいまで毎年妊娠すると聞きました。300頭の捕獲されたクジラのうち半数がメスであれば、133頭が妊娠中であってもさほど不思議ではないと思います。
Commented by gallery-asaba at 2018-06-02 06:43
おはようございます。
いつもながらの素敵なテーブルセッティングに、センス良く生けていらっしゃるお花、素晴らしいですね。
女性同士のお喋りは、又格別楽しいものですよね。
私もそのニュースは全然耳にしていません。
以前も捕鯨に関して綴っていらっしゃいましたけれど、
国によっての文化や習慣の違い、そこに政治的な問題も関係して色々な考え方があると思います。
私個人としては、心情的には反対なのですが。
Diaryさんもそのニュースの前では、ご主人様に言い返す言葉がなかった事でしょうね。
とてもお察しいたします。
一番の問題は、マスコミが情報操作をしている現実だと思うのです。

Commented by Diary-17 at 2018-06-02 14:54
> taekamedeさん
コメントありがとうございます。
お客様の時はダイニングテーブルにプレースマットはあまり使いません。

捕鯨のニュースは丁度ブログを書いている時で妊娠中の鯨がたくさんいた事にショックでした。
批判する為に載せたのでは無いのですが、世界の経済をリードする先進国としての日本のモラルのどこか矛盾した部分を指摘された気がしました。
Commented by Diary-17 at 2018-06-02 15:07
> cenepaseriさん
コメントありがとうございます。
私も個人的にはこの捕鯨の仕方に疑問があります。調査目的の捕鯨として結局は鯨の肉は市場に高価で売られている事です。調査という建前で南極まで行って捕鯨をしているのは日本だけだと読みましたがもしこれが事実なら海外から批判される事は仕方がない様に思います。
Commented by Diary-17 at 2018-06-02 17:10
> queentomoさん
コメントありがとうございます。

イギリス国営放送BBCニュースによると

3度目となる今回のNEWREP-Aで捕獲されたクロミンククジラ333頭のうち、オスは152頭、メスは181頭だった。
新たな計画では捕獲量を従来の3分の1に減らし、毎年330頭前後にとどめている。
データによると、今回の調査で捕獲されたクロミンククジラのうちメス122頭が妊娠していたほか、オス61頭とメス53頭が幼体だった。(この事から鯨は家族のグループで回遊していた様です)。
数週間の調査期間の後、調査団はたった12週間でこれらのクジラを捕獲し、日本へ帰還した。
捕獲されたクジラの肉は食用として販売される。

Commented at 2018-06-02 17:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Diary-17 at 2018-06-02 17:22
> uransuzuさん
コメントありがとうございます。
この飽食の時代、敢えて鯨を食べなくても充分動物性蛋白質が摂取出来る(摂り過ぎ?)日本は経済大国に発展しています。
食用に飼育されている日本が誇る和牛もありますね。
Commented by Diary-17 at 2018-06-02 17:49
> bluerose-laceさん
コメントありがとうございます。
bluerose-laceさんの創作される品々にいつも引き込まれています。

捕鯨についてのご意見を頂き有難う御座いました。
捕鯨文化が発祥の地の御出身のblueroseさんのご意見も大変興味深く拝読しました。
おっしゃる通り、捕鯨は様々な観点から日本人だけに限らず全人類が考えるべき問題だと思います。

今回の事が気になったのは、南極海に回遊するミンククジラは南半球のみに生息し、南極海で主にオキアミを捕食するクロミンククジラと日本近海などで魚類を捕食するミンククジラとは違いがある様でした。
Commented by Diary-17 at 2018-06-02 18:17
> Grace-K52さん
コメントありがとうございます。
仰る通り、昔は日本も現在のイヌイットの様に全て余す事なく使いました。欧米ではコルセットや部分的な使用用途のために乱獲されていた時代もありましたね。
今回のニュースはイギリス国営放送での日本の捕鯨の調査書の提出に基づき発表されました。
Commented by Diary-17 at 2018-06-02 18:29
> a_dopoさん
コメントありがとうございます。
私は個人的にはこの飽食の時代に鯨が大事なタンパク源と主張し海外の世論を無視して捕鯨を正当化しなくても良いのではと思います。でも、グリーンピースのやり方には否定的です。

a-dopoさんのコメント最後の部分の、「自分の頭で考えてコメントさせていただけるブログ」
と言うお言葉がとても嬉しいです。これからもよろしくお願いします。
Commented by Diary-17 at 2018-06-03 08:48
> hokkorimayurinさん

2014年に国際司法裁判所(ICJ)で、日本の南極海での調査捕鯨が違法と判断されましたが日本側は独自に新たなプログラムのもと、調査捕鯨の再開がされ、今回に至ったとの事です。
捕獲量を3分の一の333頭にするとの事ですが、妊娠中の133の胎児を入れれば捕獲量は実際にはそれ以上になり妊娠時期を避ける事もしなかった事等の行為が世界の世論から批判されてしまうのでしょうね。
私も今回のニュースと皆さんの下さったオープンなコメントで更に色々と考えるべき事ができた様に思います。
Commented by Diary-17 at 2018-06-03 09:16
> gallery-asabaさん
コメントありがとうございます。
女性も男性も知識や経験が豊かで心根の優しくジョークも言える人間味のある人たちに惹かれます。そういう人達とは何時迄もおしゃべりしていたいですね。

捕鯨についてのコメントもありがとうございます。
私が驚いた事は国連で可決され、2014年に国際司法裁判所(ICJ)で、日本の南極海での調査捕鯨が違法と判断されたにも関わらず、南極で捕鯨が行われていた事です。
Commented by Diary-17 at 2018-06-03 17:28
> Azukiさん
鍵コメのAzuki 様
私たち日本人は自由民主主義の元に生活をしています。
自由に発言をする事、自分の意見を表す事が民主主義の1つの理念である事くらい
元記者という立場なら尚更ご存知の筈です。私にコメントを下さった方々は皆さんご自分の考えや知識を隠れずオープンに語っていらっしゃいます。今回のタイトルはspeak out 、
元記者といわれるあなた様だけが鍵コメであなたの意見する意図はなんでしょうか?
以下はあなた様のコメントとそれについての私の返事です。

Commented by Azuki at 2018-06-01 17:44
( IP 202.217.225.18 )
はじめましてです。素敵なファッションをいつも楽しみに拝見しています。

クジラの生態について一言。記者をしていたとき、「クジラの年齢は、年輪のようになっている耳垢でわかる」という話を専門家生にうかがいに静岡県の国立の研究所に行きました。そのときに、クジラは(もちろん種類にもよるのですが)寿命が長く、しかもメスは90歳くらいまで毎年妊娠すると聞きました。300頭の捕獲されたクジラのうち半数がメスであれば、133頭が妊娠中であってもさほど不思議ではないと思います。

以下Diaryより
Azuki様、当時、記者で有りながら研究所の所長でも無く、教授でも無い一専門家生の話だけで全ての知識を得たと思い込み私に意見する事は余りにも安易です。
鯨は種類が沢山あります。個体によって寿命も違います。南極のミンククジラについては90年の寿命は断定できません。妊娠時期は専門家で有れば予測出来ます。


Commented by Azuki at 2018-06-02 17:19
(IP 202.217.225.18 )
調査捕鯨の必要性についての説明です。ご一読いただければ幸いです。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1153233996

ご主人は「何でも根刮ぎ取って行く中国を非難できない。」とおっしゃったそうですが、クジラを根こそぎ取りつくすのは不可能です。
貴方様のように特別な立場(ご自身では、あくまで「主婦」とおっしゃっていますが、ご主人の社会的地位、お立場を考えれば、そうとは言えないでしょう)の方
Commented by Diary-17 at 2018-06-03 17:40
Commented by Azuki at 2018-06-02 17:19 x
調査捕鯨の必要性についての説明です。ご一読いただければ幸いです。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1153233996

ご主人は「何でも根刮ぎ取って行く中国を非難できない。」とおっしゃったそうですが、クジラを根こそぎ取りつくすのは不可能です。
貴方様のように特別な立場(ご自身では、あくまで「主婦」とおっしゃっていますが、ご主人の社会的地位、お立場を考えれば、そうとは言えないでしょう)の方が、ブログでさらっと書いてしまうには、捕鯨はデリケートすぎる話題に思えます・・・。


以下Diaryより

>Azuki様
先ず、私は見も知らぬ方から安易に送られたリンクを簡単に開く事は致しません。
特に、ヤフーの知恵袋的な信憑性に欠けるリンクはもっての外です。
もし、英文でも宜しければ捕鯨について国際機構の資料が沢山ありますのでご自分でリサーチなさって下さい。
捕鯨の必要性を訴えるのならば、国連に提出して下さい。(鍵コメントでは国連に受理されませんが)
あなたは何故、捕鯨はデリケートな話題と決めつけるのでしょうか?
私と主人についてもあなたの曲がった勝手な推測で判断し批判する事も記者と言う基本的な姿勢からかけ離れた言動です。
どうぞ今後はお気をつけください。
Commented by artfarmandgarden at 2018-06-06 15:55
なんと悲しい現実なのでしょう。
世界中で大半の動物達は、絶滅の危機にあります。
そう遠くはない事と言われています。
Commented by Diary-17 at 2018-06-07 08:05
> artfarmandgardenさん
コメントありがとうございます。
仰る通りです。動物だけで無く植物も海中の生物も同じ状態です。
メスの鯨、しかも妊娠している鯨と幼体の鯨を殺す事を繰り返していれば確実に減ります。
耳垢から鯨の年齢を調査するために生きたまま調べられず殺さなければならないと言う。
以前は1000頭だったそうですが三分の一に減らすと言う建前ですが、妊娠しているので
結局は捕獲数は減っていないとも考えられます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by Diary-17 | 2018-05-31 07:58 | Comments(24)

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17