アフリカン プリントに魅せられて

数年前から注目されている アフリカン プリントを使ったファッション。

1月27日の記事にアフリカンプリントの生地について書いた。
春になったら絶対にスカートを作りたいと思っていたが、クチュリエのマダムが3ヶ月近く留守だったのでそのまま後送りになってしまった。
f0380954_09480973.jpeg


最近見つけたワックスプリント。色は抑え目
f0380954_09193885.jpeg
布地の表面にワックス加工がしてあるので硬く、表面はテカテカしている。
f0380954_09151083.jpeg
テーブルクロスにピッタリ! という事で4メートル購入。
チョット地味かなと思ったが、アフリカの大地の土や岩や鉱石のイメージの色(勝手にそう思っている)が集まった様なプリントが気に入った。
f0380954_09140316.jpeg
もう一つはアフリカの空と太陽そして大地の色を思わせる三色のプリント。
f0380954_09162425.jpeg
これは夏にピッタリな大きなエコバッグに変身


f0380954_10223455.jpg

ワックス加工の生地は通常の洗濯洗剤は使わない様にとの事、固形の石鹸である事だそう。此処で再び登場するのはマルセイユ石鹸。



f0380954_10010833.jpg
アフリカンなお店で見つけたトート


f0380954_10023417.jpg
持ち手と足にアフリカンプリントのアクセントが付いた籠
f0380954_10153176.jpg

どんどん大きくなる愛犬Nailahのブルーの敷物もアフリカンプリント。
ジンバブエのナショナルドッグで両親は南アフリカ生まれだ。



f0380954_09310774.jpeg
そしてもっと大きくなった時の為のお洒落用首輪もアフリカンプリント。

f0380954_10133674.jpg
色も柄もとても面白い組み合わせは出会う毎に目新しく新鮮
そして何時もエネルギーとパワーを与えてくれるアフリカン プリントのコレクションはまだまだ続きそう。


[PR]
トラックバックURL : https://jetsons.exblog.jp/tb/29903183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pikorin77jp at 2018-06-29 11:15
このアフリカンプリントを バッグや敷物に仕立てられたんですね、、、 とっても新鮮な感じです。
首輪がなんともお洒落です。ロングのスカートも この柄なら素敵でしょうね、巻きスカートとか。
Commented by cenepaseri at 2018-06-29 11:18
素敵なプリントがいっぱいですね、大昔にパリでアフリカ輸出用のプリントを買って、ティアードスカートを作りました
色遣いが凄くて、よく褒められました、トライバル柄では無かったけれど。
柔らかければインドのサリーの様に巻き付けのラップスカートもお似合いになりそうです。
バリで買った金線入りのジャワプリントでアロハシャツを作ったけれど、大失敗。
硬い生地や、柄物は顔の周りに持って来ると私は老けて見えるのを知りました。
いっぱい集めて、アレコレ想像するのは楽しいですね。
Commented by mamako48722 at 2018-06-29 13:13
Dialyさん、今晩は~。
アフリカの大地を彷彿させる力強いプリント達ですね。
小物やバッグにも、素敵なアクセントになって目を引きます。

Nailahちゃんも随分と大きくなって・・しなやかな体が美しい。
走る姿も流線のようでしょうね。
Commented by the-noir-119 at 2018-06-29 13:16
本当に元気をもらえるプリントですね〜!
太陽の陽射しに映えることでしょう。
ステキなコレクションを拝見し、気持ちが上向きになりました♡
Commented by naochann0922 at 2018-06-29 13:19
アフリカの生地、デザイン性高くて素敵です。多彩な色合いなので、合わせる色もいくつも選べますね。私も数年前にマダガスカルとケニアに行きました。
バオバブの木は神秘的で、フランスの植民地だったせいで、食事も楽しめました。
Commented by gallery-asaba at 2018-06-29 15:12
素敵なお色のプリント柄の数々ですね〜!
パワーが漲っていて、元気が出ますね。
エコバッグやトートや籠もとってもお洒落です。
Nailahちゃんの首輪もきっと似合われる事でしょうね。
とっても楽しみ♪
コレクションの数々がどの様に変身するのか、又拝見させて下さいね。
Commented by mary_snowflake at 2018-06-29 16:31
凄い!凄い〜〜♪ もう興奮します〜♪笑
以前のアフリカンプリントのファッションも大好きでした。
バッグも 何もかも素敵。
Nailahちゃんの首輪も 水色とオレンジで お似合いになりそうですね。
アフリカの大地を想います☆
Commented by taekamede at 2018-06-29 17:18
アフリカのプリントってダイナミックで
私の考えつかない色使いです~~!
なんだろ、一気に本能に響きそうな着こなしになりそうというか、
土の香りがしてきそうとゆうか、イケてます!!
革の持ち手にさりげなく入っているのもすごくイイですね。
Nailahちゃんの首輪も可愛いですね(^^♪
Commented by バロックパール at 2018-06-29 17:50 x
以前のブログがあまりにも素敵で、お写真を保存させて頂いております。
ロンドンに住んでいた頃、アフリカの方々の綺麗なプリントのドレス姿を見ると夏の到来を感じてウキウキしたものです。
なんとも夏の陽差しに映えること!
日本でも最近、アフリカンプリントが人気のようで、入ってくる種類も増えてきたようです。でも、ダイアリーさんのコレクションのようなものはまだ見つけられません( ; ; )
籠バッグもセンス良くてホントに素敵。
また、何かに仕立てた際には、是非拝見させて下さい。
Commented by Grace-K52 at 2018-06-29 21:46
nailahちゃんの成長に驚きました。
あのピンクのバニーちゃんのタオルが、こんなに小さいなんて!
聞き分けも良くなって、人間ならもうお嬢さんなのね。
(赤ちゃんの時期はなんて短いの!)
でも、いつまでもDiaryさんのベイビーなのでしょ?

アフリカンプリントのスカート、拝見できなくて残念!
いつまでも完成を待ってます❣
Commented by bluerose-lace at 2018-06-29 23:28
アフリカのプリントはコントラストがはっきりしていて、素敵ですね。
小物に使っても動きがあって楽しいですね。

4年前になりますが福岡市美術館で更紗展があり、時代を追った展示になっていました。
インドが発祥で世界中に広まり、日本では着物等に独自に発展し、ヨーロッパでは高級品として輸入され、
18世紀の貴族のドレスが展示されていました。白地に植物柄が流行っていたようです。ドレスは絹と思っていましたので当時更紗がいかに高価であったのかわかりました。小さい植物柄は焼き物にも用いられ、ブランド名は思い出せませんが今も模様が受け継がれています。
その展示の最後はビビットカラーで大きな植物柄のアフリカの布が壁面いっぱいに展示してあり、
ずっと小柄でシックな布を見てきた目には、別世界に迷い込んだように映りました。
これらも更紗の技法で染色された布達でした。
染色を通して世界は繋がっているのだなあと感じました。
ダイアリーさんの布にも植物が描かれていますので、受け継がれているのでしょうね。
Commented by 薄荷 at 2018-06-30 12:34 x
以前一度コメントさせていただいた者です。

結婚後(40年以上前)広島県に住んでいるのですが、
昔は近所の会社の中が丸見えで(昭和30年代だろうと思います)
そこではアフリカの現地の人が着るような生地を作って輸出していて、
美智子さまもいらっしゃったという話を聞きました。
あのような更紗を日本から輸出していたというのもちょっと不可思議に
思っていたのですが、何しろ近所の話なので義母からも何度か聞いていて、
前回のdiaryさんの記事を読んで思い出し検索してみたんですよ。
そうしたら、こんな記事にヒットしました。
聞いていた話は本当だったようです。(笑)
日本から輸出していたんですね~

https://www.facebook.com/sanyosenko.jp/photos/a.1918192598450837.1073741829.1906512659618831/1973296439607119/?type=3&theater
Commented by BBpinevalley at 2018-07-01 07:52
あら、ワンちゃんはひょっとしてリッジバックですか?
うちのシンバと一緒かな?
シンバは8月に二桁の大台に乗ります。
アフリカンプリントがお好きなんですね。
日焼けした肌に似合いそう。
Commented by Diary-17 at 2018-07-01 21:46
> pikorin77jpさん
コメントありがとうございます。
Nailahの首輪…実は人間の為、大人のネックレス用に売られていたものなんです。笑
敷物は多分小さなお子ちゃまがお部屋で遊ぶ時の敷きマットの様な物です。

Commented by Diary-17 at 2018-07-01 21:55
>パセリさん
コメントありがとうございます。
このプリントは大半がオランダ産らしいのです。昔は日本からでも輸出していたそうです。
その昔、東インド会社がジャワ更紗をヨーロッパに持って帰って技法が進んだ様です。
ドリス ヴァン ノッテンのコレクションも銘仙柄やジャワ更紗の柄を使っていますね。
ハワイのアロハシャツやムームードレス等以前は日本で生地も縫製もしていた様ですよ。
色々な布地を見ると夢が膨らみます。タンスも膨らむけれど…。笑
Commented by Diary-17 at 2018-07-01 22:02
>黄葉さん
コメントありがとうございます。
Nailahは朝起きる度に大きくなっています。笑
なんでも良く食べ良く眠り良く遊んでいます。
ヤンチャですが週に5日間はトレーナーさんが来て少しお勉強をしています。嚙りが少し治って来ていて無闇に私の履物を齧らなくなり安心しています。
Commented by Diary-17 at 2018-07-01 22:05
>noirさん
コメントありがとうございます。
この配色や柄にエネルギーを感じますよねー。
げんきを一緒に感じて頂けて嬉しいです。
Commented by Diary-17 at 2018-07-01 22:15
> naochann0922さん
コメントありがとうございます。
ケニアとマダガスカルに行かれたのですか?
とても貴重な旅行をなさったのですね。
一言にアフリカと言っても大陸は大きく様々な民族や文化が交差していて、面白いと思います。
Commented by Diary-17 at 2018-07-01 22:20
>浅羽さん
コメントありがとうございます。
世間では断捨離を讃えているのに、私はそれに反して増える一方です。
心にキラっとしたら手元に置きたくなるのが玉に傷です。
でも、楽しんでいます。笑
Commented by Diary-17 at 2018-07-01 22:27
>サファイアさん
コメントありがとうございます。
色や柄の組み合わせがとても面白いので、つい欲しくなってしまいます。
サファイアさんのブログのお写真の全てがとても素敵でしたよー。葉模様の洋皿が食卓を涼し気に演出していて、お料理が相変わらず素晴らしい!
Commented by Diary-17 at 2018-07-01 22:29
>taeka さん
コメントありがとうございます。
taeka さんだったらこの様なプリント生地でいったいどのようなものをお作りなりますか?
興味津々です。
Commented by Diary-17 at 2018-07-01 22:39
>バロックパールさん
コメントありがとうございます。
ロンドンにいらしたんですね。ロンドンでの生活は楽しまれましたか?
イギリスは植民地が多かったのである意味で文化の坩堝ですね。

実はモノトーン派ですが、お年頃のせいか?最近は元気になれる色や柄に目が行くようになりました。
楽しんでいます。
日本でもこの手の生地が買えるようです。調べて見たので近いうちに更新した時に載せますね。

拙いブログですがこれからもよろしくお願いします。
Commented by Diary-17 at 2018-07-01 22:45
>graceさん
コメントありがとうございます。
大きくなったでしょう?毎日皆で驚いているのです。朝起きるとあれ〜?って位成長しています。
両親も大きかったから、きっともっと大きくなります。
そうなのです。未だお子ちゃまでカワイイのです。先週は寝ぼけてベッドからずり落ちました。ダサイ!笑

スカート必ず作ります。待っていてくださいませ〜。
Commented by Diary-17 at 2018-07-02 02:39
> bluerose-laceさん
コメントありがとうございます。
東インド会社がインド更紗やジャワ更紗、シャム更紗等をヨーロッパへ持ち帰り、更にオランダ商船やポルトガル船から日本に伝わったそうですね。そして絹、緞子などは中国からでしょう。
着物の古典柄はインドがオリジナルと聞きました。
オランダ商船が持ち込んだ更紗の布の見本帳が東京国立博物館にあるそうです。見てみたいですね。
Commented by Diary-17 at 2018-07-02 02:54
> 薄荷さん
コメントありがとうございます。
確かに日本で作っていたようですね。現在ではオランダの会社が輸出しているようでチョット驚きますが、過去にインドネシアを植民地としてジャワ更紗などの産業に関係が有る為にからなのでしょうか?日本はハワイアンプリントを作っていてシャツやムームー等も輸出していたようですし、ちょっと意外ですね。
オリジナルな模様や色のデザインが日本製とは思いませんが戦後の日本の産業の復興に役に立っていたことは事実のようですね。
興味深いコメントを頂きありがとうございます。
此れからもよろしくお願いいたします。
Commented by Diary-17 at 2018-07-02 03:25
> BBpinevalleyさん
コメントありがとうございます。
ハイ、名前はNailahと言います。縁があって我が家の一員になりました。
毎日すごい勢いで育っていて一体どこまで大きくなるのだろうと思います。
やんちゃなので週5日リッジバックを良く理解しているドッグトレーナーさんからのトレーニングを受けています。ドッグショーに出すつもりは無く単なる御行儀見習いです。笑

これからも宜しくお願いします。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by Diary-17 | 2018-06-29 10:35 | ファッション | Trackback | Comments(26)

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17