オペラナイト

オペラフェスティバルなのでオペラナイト
今夜の演目は私の大好きなFranz Lehar の有名なオペレッタです。
f0380954_23083203.jpeg
原題 Die Lustige Witwe
メリーウイドウ
f0380954_23090784.jpeg
1904年公演の写真
1904年、日本は明治37年
西洋文化を大いに取り入れている頃でした
f0380954_23094031.jpeg


[PR]
トラックバックURL : https://jetsons.exblog.jp/tb/30116941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cenepaseri at 2018-10-21 09:23
そんな昔から西洋文化圏だったのですね、日本では鹿鳴館位だったことでしょう。
まだまだ文明開化の途上でしたのに、西欧諸国の力はすごい…
オペレッタ楽しそうですね。
Commented by Diary-17 at 2018-10-21 11:44
> cenepaseriさん
コメントありがとうございます。
日本の凄いところは、開国後のたった150〜160年で西洋に追いついている事ですね。

でも、クラシック音楽は上手(器用に)に楽器を扱うけれど根本的にはDNAが原因なのか
西洋のそれには敵いといつも感じます。


Commented by Blue-salvia at 2018-10-21 12:04
Diaryさん、おはようございます〜♪

オペラナイトのひと時、とても楽しそうです。
赤のドレスがとても素敵💗

私は初めてドイツ入りしました。
ツアーでは無い旅行なので、電車に乗ることから楽しいです。
Commented by Diary-17 at 2018-10-21 12:22
> Blue-salviaさん
コメントをありがとうございます。
ロマンチック街道真っしぐらですか?
ローテンブルグの旧市街はまるで御伽の国の様ですね。
サルビアさんにコメントしたかったけれど欄が空いていなくて残念でした。
楽しい旅になります様に!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by Diary-17 | 2018-10-20 23:19 | Trackback | Comments(4)

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17