昨夜のコーディネート


f0380954_16514091.jpeg
昨夜の歌手達は素晴らしかった。
この演目はドイツ語がオリジナルだがフランス語も趣が違っていても充分楽しめた。オーケストラはドイツから、歌手、ダンサーは現地のアーティスト。
こんなに素晴らしいアーティスト達がいるとは驚く程。
この国で一番はじめにオペラ劇場を建てオペラを演じられ紹介されたのはフランス植民地時代の1822年だそう。当時の現地フランス人ソサエティーに欧州芸術に触れる事は必要不可欠だったのだろう。
歴史が深いだけあってアーティストの素質が良い。
舞台が終わってアーティスト達と言葉を交わせ、写真も撮っていただきました。

…………………………………………………………

昨夜のコーディネートは
ベルスリーブのシルクブラウス…etro
ネービーブルー光沢のあるシルクパンツ…Michael Kors collection
靴……Philip Lim
クラッチバッグ…Nailahに噛まれたお陰でクロコに再創したバッグ(此れからはNailah ブランドと命名しよう 笑)
パールのネックレス2点
ダイアのリングは左右の指に合計3リング着けて指元だけキラキラに。
f0380954_17040927.jpeg

[PR]
トラックバックURL : https://jetsons.exblog.jp/tb/30118120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hirohiro802 at 2018-10-21 17:50
とても上品で、なおかつシンプルなコーディネイトが素敵です。
白のシルクのエレガントなブラウスに真珠のネックレス。
その上等な質感が画像から伝わってきます。
こういう着こなしは一朝一夕で、できるものではありませんよね
別の世界の着こなしなので、見せていただいてすごく楽しい。
いつも目の保養をさせていただいています。

着画が見られないのが、残念です。
Commented by Diary-17 at 2018-10-21 20:12
> hirohiro802さん
コメントありがとうございます。
私は基本的にシンプルなデザインが好きなんですよ〜。
お褒め頂き嬉しいです。
シンプルなので質感に重を加えます。
沢山服は要らないけれど、良い物を永く着れるようにがモットーです。
このブラウスは破ける迄(笑)末永く着るつもりで投資しました。
Commented by queentomo at 2018-10-21 21:27
このような上質のエレガントなブラウスはドレスに匹敵しますねー。

ユニクロのババシャツ(ヒートテック)着たい私はついブラウス敬遠してしまうのですが、
一応ブラウスも持ってますタンスの肥やしですが、、、、たはは。
Commented by Diary-17 at 2018-10-21 21:58
> queentomoさん
コメントありがとうございます。
このブラウスはスカートに合いません。なのでパンツでドレッシーになる様にします。
何年かに一度突然出逢いが有ってブラウスに投資します。お財布の一大決心なんですよ〜。
ブラウス1着でスーツかコートも買えてしまうので。
でもね、私も将来は品の良い老婦人目標で欲しい時に買っておこうと!
もっと後になったら、難しくなりそうです。
Commented by uransuzu at 2018-10-22 13:59
Diaryさんの洋服の品揃えには、
きちんとしたポリシーが感じられます!
きっと生活ぶりも、軸がぶれない素敵な方なのだろうなと想像しています。
白のブラウス、欲しいなぁと思いつつ、いまだ巡り合わず、です。
Commented by cenepaseri at 2018-10-22 14:50
エトロで無地と言うところが凄いですね。
ピンタックでフリルを重ねて、ドレッシーなスタイルを濃色のパンツで
エレガントな着こなしにしてしまうと言うのは かなりの上級コーディネイトですね。
Diaryさんの衣装はみんな将来ビンテージでDiary collectionに登録されそうです。
Commented by Diary-17 at 2018-10-22 17:12
> uransuzuさん
お褒めのコメントをありがとうございます。そうでも無いんですよ〜、慌て者でドジですよ。
此方に出発前日、寝室の部屋の鍵を無くしてしまい(初めてのこと。)鍵を壊して付け替え無くてはならぬ工事に💦

白いシルクのドレッシーなデザインを数年間探していました。そういう時は妥協しません。
アルマーニに傾きそうになったけれど欲しいイメージに100%充たされていなかったので思い留まり、友人とショッピングに行くと「未だ探しているの?」と言われたくらい、執念で白いシルクブラウスを見るとチェックしていました。笑
なかなか、無いですよね。
去年エトロで出逢い、値段が恐ろしかったけれどコレダ!と思ったので迷いはありませんでした。
その代わりに、普通のコットン白やストライプのYシャツには福沢諭吉さん何枚もお金を掛けません。
ラルフローレン辺りが縫製、品質、カット等、充分上等でお値段お利口さん。
Commented by Diary-17 at 2018-10-22 17:21
> cenepaseriさん
コメントをありがとうございます。
エトロの去年の春夏コレクションです。此れともう一つだけ白のとてもシンプルブラウスが有りましたが、ご存知の通りそれ以外はエトロは柄柄柄。
柄のロングドレスが溜め息ものでした。今年は近寄らないようにしています。笑

あはは🤣、私もヴィンテージに向かっているので〜す。笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by Diary-17 | 2018-10-21 17:16 | オペラ | Trackback | Comments(8)

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17