コーヒー好きの為のデミタスカップ

日本茶、紅茶、コーヒーを頂く事は日常の大切なひととき

単に 飲むのでは無く、そのひとときに安らぎを求めます。

毎日、必ず頂くのはコーヒー

朝は普通のドリップコーヒーで

食後はエスプレッソ を頂くことが大半です。
f0380954_14393633.jpeg

自宅では自分の好きなデミタスカップを選んでひとときを豊かな気持ちで満たします。
f0380954_14320412.jpeg


外出先では紙カップのコーヒーを提供するコーヒーチェーン店には絶対に行きません。

ファッション界で有名なアナ ウインターが大型チェーン店のコーヒー紙カップを持って広告塔の様に
歩いている写真がファッションスナップなどに出てくるけれど、これだけは素敵とは言えない絶対に頂けないと見るたびに思う。使い捨てカップも環境保護の意味からなるべく避けたい。
これはあくまでも個人的な見解。

ところで、一番センセーショナルな美味しいコーヒー体験は
昨年旅した未知の地でフェリーを待っている時に飲んだコーヒー。
とっても汚い掘建小屋で村の女性が商いしていた。
コーヒー豆を炒って粉にして薪で沸かした地下水で入れたその一杯は驚くほど美味しかった。
カップは?マイセンでも何処ぞの高級磁器でも無い
とても古くて、所々剥げて錆まで見えていた葫蘆のカップだった。


Commented by aba-n-c at 2019-05-11 16:26
デミタスカップの大きさが分からないのですが…
(大きく撮ったのかしら?)
Commented by Diary-17 at 2019-05-11 17:04
> aba-n-cさん
ご質問ありがとうございます。
デミタスカップなのでデミタスサイズです。大きなコーヒーカップとは違います。
写真のカップは両方ともマイセンですのでマイセンの規定サイズですね。
こんな説明ですが、よろしくお願いは致します。
Commented by albany05 at 2019-05-11 20:31
心のこもったおもてなしは、たとえ板一枚のテーブルで
飲んでも美味しいのでしょうね。豆を炒って挽いて
薪で沸かしたお湯って、それだけで待つのも楽しい。

いつも、シンプルな白ばかりのカップを使っていますが、
色味の華やかなカップも、美味しい時間の風景ですね。
Commented by kimagurebetty at 2019-05-11 20:59
旅先で出会った美味しいコーヒー、
素敵な出会いでしたね。
そんなおもいでが残るのが、
旅の楽しさかも知れません。
Commented by uransuzu at 2019-05-11 22:57
私も、一杯のお茶も大事に飲みたいと思います。
それは、時間を大事にすることに通じると思うから。
旅先で何の期待もせずに、求めた珈琲、そのシチュエーションとともに心に残る珈琲だったのですね〜
ふと、私の1番心に残る珈琲は、どこだったかしら、、と考えました。
Commented by Diary-17 at 2019-05-12 01:48
> albany05さん
コメントありがとうございます。
私も真っ白な上質の陶磁器のコーヒーカップが好きです。
常に使用しているのはKPMのクアラントシリーズ。気持ちが一番落ち着きます。
でも、時々絵付けの物を出しては楽しんでいます。
Commented by Diary-17 at 2019-05-12 01:51
> kimagurebettyさん
コメントありがとうございます。
そうなんですよー。初めは躊躇ったのですがどうしてもコーヒーを飲みたくて……。
お腹も壊さず、緑の大自然の中で飲むコーヒーは美味しくて驚きました。
Commented by Diary-17 at 2019-05-12 01:58
> uransuzuさん
コメントありがとうございす。
手ぶくろさんの心に残る一杯のコーヒーは?
何時も六本木辺りのお洒落な場所でお茶していらっしゃるから思い浮かばないのかも?笑

私の場合はどちらかと言うとショッキングな一杯だったのです。笑
Commented by cenepaseri at 2019-05-12 08:56
ドラゴン柄のデミタスカップ、素敵ですね〜
指が4本でこれは貴族用ですね、ちゃんとした工房で作られた証しですねぇ。
粉を入れて沸かしたコーヒーはパーコレーターでは無いのですか?
葫蘆のカップは西部劇のシーンの様で、ワイルドですが美味しそうです。
郷に入っては郷に従えって その土地で頂くものが一番美味しいのですね。
Commented by Diary-17 at 2019-05-12 13:12
> cenepaseriさん
コメントありがとうございます。
ドラゴン柄、辰年ではないけれど気に入っています。
パーコレーターなんて洒落た物はないのですよ。多分お鍋だと思います。
作ったら直ぐに汚ったない古い中国製の魔法瓶に入れてカップに注いでくれていました。
スリル満点でしたが、お腹も壊さず美味しいコーヒーでした。
躊躇っていた夫にも勧め、夫も美味しいと驚いていました。
Commented by bluerose-lace at 2019-05-12 22:57
多忙なダイアリーさんにとってエスプレッソはリラックスタイムなのですね。
最近ゆっくりお茶を楽しむこともなく過ごしていたことに気付かされました。
ところでカップの下の敷物も豪華ですね。
こちらに目が留まりました。
Commented by Diary-17 at 2019-05-13 04:36
> bluerose-laceさん
コメントありがとうございます。
コーヒーを飲む時間は食後の短い時間ですが、1日の大切なひと時です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by Diary-17 | 2019-05-11 15:03 | 好きなもの | Comments(12)

日々の覚え書き衣食住


by Diary-17
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30